Alcedo Atthis Architect ・・ works-1works-2works-3DetailProfileConceptofficePassivNewsContact・・ Atelier

建築設計事例:谷戸の曲り家
「長野のりんご畑の作業小屋のような」という建築主夫人から提示された基本イメージと、夫の都会的なデザイン志向がほどよい距離感でバランスを保つ住宅を目指した。
「谷戸の曲り家」外観夜景 内観・キャットウォークから居間吹き抜けと2階寝室を見る
上左:南面外観夜景
上右:キャットウォークから居間吹き抜け・2階寝室を見る。階段横の壁仕上げは古民家の天井板を再利用した。
2階部分の金属手摺りやワイヤー、FIXのガラス面などと好対照を醸し出す。(いずれも写真撮影:斎部功)
居間・キッチン 左:吹き抜けから見た居間・キッチン・2階寝室。
居間の床はパッシブソーラーのためのテラコッタ仕上げ。
「谷戸の曲り家」土間・和室 左:「曲り家」の曲がる中心となる玄関ホールと和室。
和室は内部に在りながら土間空間(西面エントランスから東庭面に通り抜け可能なため、半屋外的機能をも併せ持つ)を介すことで「離れ」としての独立した意味合いを持つ。

(写真撮影:斎部功)
2階寝室 左:2階寝室。
「再利用天井板張り」の壁の中に見える白く四角い部分は絵を掛けるための漆喰塗りスペース。
吹き抜けに面しての壁の無い寝室は一見寒そうだが、パッシブソーラーの場合はこの方が暖気が自然循環するため暖かく、暖房効率も良い。

(左写真撮影:網野隆明)

階段・吹き抜け部分 階段と再利用天井板を用いた壁のコントラスト
上左:階段部分から吹き抜け・キッチンを見る。階段蹴上げは一部収納(下足入れ)を兼ねる。
上右:居間から玄関「曲がり部分」を見る。壁の向こうのスペースは建築主夫人の工房と建築主書斎へと通じる。

曲がりから見た居間 左:「曲がり」から見た居間。右手の下足入れは飾り棚を兼ねるため、ピンスポットで演出される。土間から居間へは間仕切りが無く、床は同種のテラコッタ仕上げとし空間の連続感(広がり)を得た。

右:北西面外観。

(以上4点写真撮影:斎部 功)
北西面外観