Alcedo Atthis Architect ・・ works-1works-2works-3DetailProfileConceptofficePassivNewsContact・・ Atelier

建築設計事例:浦木戸の家
旧甲州街道沿いの大月市より東側に多く見られる養蚕型民家を現地再生しました。緩やかな勾配の大きくせり出した切り妻型の屋根がこの地域の民家の特徴です。 床下の補強を行い耐震性の向上を図り、内部に吹抜けを設けて採光・通風を良くし、開放的な空間を目指しました。 また、断熱性の向上・水周りの整備を施し現代的で快適な居住空間を実現しました。

浦木戸の家外観左:浦木戸の家外観。
東南方面から見る。
浦木戸の家外観左:浦木戸の家外観。
南西方向から見る。
浦木戸の家外観左:浦木戸の家外観。
土間 土間から上がり框を見る
上左:土間。
上右:土間から上がり框を見る。階段は従来のまま再利用。


土間から上がり框を見る左:土間から上がり框を見る。正面の奥はキッチン。
居間から食堂を見る左:居間から食堂を見る。
2つ並んだランプの下に食卓を設置予定。
突き当たり右下の開口部は薪の補給口として用いる。


食堂 廊下とキッチン
上左:食堂。食卓を照らす銅板ランプは当社オリジナル制作したもの。建築主の思い出深い「ガウディのドアノブ」を利用して吊り下げた。
上右:廊下とキッチン。


キッチンの食器庫 2階吹き抜けから食堂を見る
上左:キッチンの食器庫。既存の古い家具を活かして組み込んだ。
上右:2階吹き抜けから食堂を見る。


2階書斎 2階
上左:2階書斎。手摺りは異形鉄筋を曲げ利用。
上右:2階。


2階ロフト左:2階ロフト。
吹き抜けを見上げる左:吹き抜けを見上げる。
ヤモリランプ左:オリジナル制作のヤモリランプ。
この民家ではかつて織物業を営んでいたため、デザインする際に「建物史として糸巻きをモチーフに組み入れたい」との建築主からの要望があった。
同時にヤモリランプの希望もあり、両者を合体させて生まれたのがこのランプである。