Alcedo Atthis Architect ・・ works-1works-2works-3DetailProfileConceptofficePassivNewsContact・・ Atelier

建築設計事例:碩晶庵
「落とし板工法を使いたい」「ダイレクトゲインのパッシブソーラーハウス」「開口部はあまり大きくしたくない」「断熱方法は自然素材をなるべく使うこと」などの要望に応えた事例です。標高900メートルの寒冷地である点を考慮し、外壁の内側に45ミリの杉板を「落とし板工法」で納め、その外側に空気層を設けて漆喰塗りの壁を造ることで熱を逃がさないようにしています。
また、開口部には木製サッシを採用し、更に内側に障子・襖を組み合わせて建物全体の熱貫流率を下げています。暖房器具は薪ストーブ一台ですが、外気温マイナス12度の真冬の朝、ストーブに火のない状態でも室内気温が12度を確保できています。
尚、襖の仕上げには沖縄の月桃紙、床の蓄熱層の仕上げには淡路の平瓦が敷かれています。
「碩晶庵」外観
上:「碩晶庵」南面外観。

「碩晶庵」内観 「碩晶庵」内観
上左:玄関から寝室方向を観る。
上左:寝室から玄関方向を観る。

「碩晶庵」屋根部分詳細 「碩晶庵」軒裏部分詳細
上左:屋根部分詳細。
上左:軒裏部分詳細。小さな換気孔が並ぶ。