Alcedo Atthis Architect ・・ works-1works-2works-3DetailProfileConceptofficePassivNewsContact・・ Atelier

建築設計事例:南アルプスの家
南アルプス市(旧白根町)の再生民家です。白蟻の被害を受けた柱脚の修理と土台の取替えを行い、建物の傾きを修正しました。曳き屋により建物を持ち上げ、コンクリートの基礎を新たに設けています。
40年ほど前の改装により覆われていた新建材を撤去し、隠れていた柱・梁・壁・天井を元の通りに露出させ、断熱材を加えて従来の民家の雰囲気を活かした上で居住性の向上をはかりました。

「南アルプスの家」玄関扉 「南アルプスの家」玄関土間
「南アルプスの家」土間
上左:玄関ドアは再生前にはアルミの既製品だった。アルミに取り替える以前に使われていた玄関建具を20年ぶりに再度使用した。欄間には広縁の突き当たりにあった小窓の建具を取り付けている。


上右:手前の柱は今まで土台に使われていた栗材を転用した。土間床にはこの家の居間に使われていたガラスブロックを飛び石状に埋め込んだ。



左:手前に見える鉄平石は壁に使われていたものを転用した。土間床にはシュタインアールという外部床に使う素材にベンガラを混ぜて着色した。