Alcedo Atthis Architect ・・ works-1works-2works-3DetailProfileConceptofficePassivNewsContact・・ Atelier

建築設計事例:国立の家
床梁・小屋梁などの構造部材に古材を利用した小規模なゲストハウス。玄関ホールと寝室の天井には茅葺き屋根に使われていた「サス丸太」を使いました。この「サス丸太」は見逃せば解体時には処分されてしまうような細い材料でした。当然ですが規格品ではなく、一本毎に断面形状も曲がり方も異なります。この取り付け作業は根気の要る難しい仕事でしたが、熱心な大工職のお陰で満足のゆく仕上になっています。バルコニーに架かる屋根の軒先を薄く軽やかに跳ね出すためには伝統技法の桔木を採用しました。そんな目立たない所にも職人の技が生きています。

また、コンクリート 打ち放し仕上げの地下室は居住性を確保する為にガラスブロックのトップライトから自然光を取り入れ、上階の収納内に設けた窓から換気を行っています。周囲の喧騒から無縁の静かな書斎空間がここに在ります。
アプローチ
上:アプローチ。右側が既存の住居。左側が今回増築したゲストハウス。突き当りの玄関ホールを介して繋げた。

2階座敷
上:2階座敷。

地階の書斎
上:地階の書斎。打ち放しコンクリートの内壁とヒノキの厚板による床。

和室天井
上:道路車線という制限がある中で最大限の天井高を確保するために船底天井とした。梁は古材を用いている。天井は紙貼り仕上げ。

玄関 外観
上左:玄関。隣地が接近しているため視線を避ける位置に通風採光の小さな窓を設けた。
上右:外観。

2階座敷の前室 座敷
上左:2階座敷の前室。
上右:船底天井を支えるために隅木状に登り梁を設けた。壁の足元に幅木状に青い和紙を貼った。

玄関框 階段室見上げ
上左:玄関框はケヤキの古材を再利用。
上右:階段室見上げ。

ステンドグラス 玄関ホール天井
上左:前面道路に面した窓に「直弧紋」をモチーフにしたステンドグラス(当社工房作成)を入れた。
上右:玄関ホール天井。古材による柱・棟木・化粧垂木。

地階から1階へ出る階段 玄関土間からアプローチを観る
上左:地階から1階へ出る階段。階段の向こうは地上部からのトップライト。採光効率を上げるため、階段は段板のみとした。
上右:玄関土間からアプローチを観る。磨いた黒御影石の向こうは今は採掘されなくなった塩山御影石。古民家の四判石に使われていたものを再利用した。