Alcedo Atthis Architect ・・ works-1works-2works-3DetailProfileConceptofficePassivNewsContact・・ Atelier

建築設計事例:松阪の家
三重県松阪市にある古民家を現地再生した事例です。「使える部分はそのまま残す」をコンセプトに、外見や屋根には手を加えず、傷んだ床を張り替え、居住スペースと水廻りを中心に整備しました。(竣工時写真提供:有限会社 新木家)

玄関と土間を観る
上:玄関と土間を観る。左側玄関の畳の部分までがかつて寄り付きだった。そこまでの上り框と土間の那智石洗い出しはそのまま活かし、右側土間に新たな床を設け、居間へと繋げた。

玄関土間を観る
上:玄関土間を観る。玄関引き戸も古いものを現役利用。

玄関土間に設置した下足入れと水槽
上:玄関土間に設置した下足入れと水槽。下足入れは押し入れに組み込まれた収納だったものを転用した。

玄関土間と吹き抜け 居間から土間と吹き抜けを観る
上左:玄関土間と吹き抜け。突き当りの格子戸、左側の板戸は古いものをそのまま用いているが、吹き抜けとハイサイドライトにより印象を明るく変えている。
上右:居間から土間と吹き抜けを観る。吹き抜けを介して、東側のハイサイドライトから効果的に採光することが出来た。

玄関・土間と上り框部分
上:玄関・土間と上り框部分は建具で締め切ることが出来る。

玄関・土間と上り框部分の建具を開放した状態
上:玄関・土間と上り框部分の建具を開放した状態。

土間と設置した薪ストーブ
上:土間と設置した薪ストーブ。玄昌石を貼った土間はパッシブソーラースペースを兼ねる。接客スペースも兼ねる為、ストーブに向かって斜めに広がる形とした。中央の柱は補強の為に新設したもの。星形の照明は当社工房制作ステンドグラスランプ。

古新が混在するキッチン
上:古新が混在するキッチン。カウンターの腰板はかつて書斎の床板だった桜材と杉の新材を合わせたもの。杉板は柿渋仕上げの為、次第に色味は近づき落ち着きを増すと思われる。壁面と調理台下に見える食器棚は、同じく書斎の本棚だったものを上下に分解して再利用している。

キッチンから土間方向を観る
上:キッチンから土間方向を観る。右側の畳敷きの部屋は古い建具を活かしほとんど手を加えていない。

吹き抜けのある玄関・土間と居間の全体感
上:吹き抜けのある玄関・土間と居間の全体感。

トップライトを設けた2階
上:トップライトを設けた2階。床は既存のまま。

土間からキッチンと吹き抜けを観る
上左:土間からキッチンと吹き抜けを観る。
上右:キッチンと東側のハイサイドライトを観る。カウンター脇の勝手口は敷地内の離れへ通じている。

トイレの手洗い 中廊下
上左:トイレの手洗い。壁は赤い珪藻土塗り。
上右:赤い壁がインパクトある中廊下。こちらは土壁にベンガラを混ぜている。

外観
上:外観。サッシと戸袋を取り付けた以外はほとんど手を加えていない為、今回の再生が景観に与えた影響は皆無と言える。
この辺りは重厚な瓦屋根の古民家が趣ある佇まいを数多く残し、未だ街並みとして生きているのが印象的だ。そのような景観が失われつつある地域から来た私には羨ましい限りだった。

和室から中庭を観る
上:和室から中庭を観る。竣工2か月後に訪れた際の様子。(以下の写真は網野撮影)

上左:竣工2ヵ月が経ち、生活感の表われて来た玄関のスペース。水槽に魚も入居した。
上右:同スペース。古いミシン台が飾り棚として用いられている。

和室から階段裏を観る。
上:和室から階段裏を観る。

和室から階段を観る。
上:和室から階段を観る。

廊下の赤い壁に階段が浮かび上がる
上:廊下の赤い壁に階段が浮かび上がる。

上:同じく、角度を変えて観た様子。

土間の様子 キッチンの様子
上:土間とキッチンの様子。

土間から吹き抜けを見上げる 階段
上左:土間から吹き抜けを見上げる。
上右:階段。

赤い壁の廊下 階段を上りきった2階の様子
上左:赤い壁の廊下。竣工時写真では未施工だった柿渋塗りの和紙貼り壁も仕上がった。
上右:階段を上りきった2階の様子。

洗面所の欄間に組み込んだステンドグラスパネル 星形のランプ
上:洗面所の欄間に組み込んだステンドグラスパネルと星形のランプ。いずれも当社工房制作。