Alcedo Atthis Architect ・・ works-1works-2works-3DetailProfileConceptofficePassivNewsContact・・ Atelier

建築設計事例:成田の家
約20年以上無人だった古民家の現地再生です。笛吹市の耐震補強補助金制度を利用する為、日本建築防災協会の「木造住宅耐震診断と補強方法」に則った設計を行ない審査を受けて判定を取り、耐震補強費用に充てました。耐震性の他、断熱性能の向上、建物の長寿命化にも留意しています
既存建築は大きすぎたため不要な部分を撤去し、現代の生活に合わせて住空間をコンパクトに整理しましたが、撤去した部材の中でも使えそうな物は再使用しています。予算的な都合から外壁の漆喰塗り仕上げは諦め、板張りの仕方に変化をつけることで民家らしい雰囲気を出しました。今回は主に1階を重点的に改修、2階のほとんどは屋根裏部屋・物置とし、将来増築可能なスペースとして残しました。2階外壁の三角形の白い部分は既存壁のまま塗り直し、既存建物の名残りとしています。

外観・東面
上:外観・東面 1階中央に見える横長の格子部分は既存建物にあった無双窓をそのまま使用。右側の引っ込んだ所が玄関。

外観・東南面
上:外観・東南面 外壁の杉板は張る方向を変えただけで角度により異なった表情となる。

外観・北面
上:外観・北面 外壁に見えている黒い四角部分は、こちら側を撤去したため現れた既存の梁断面。アクセントになっている。

外観・北面
上:外観・北面

外観・北面 外観・北面
上左:外観・北面 格子戸の向こうが玄関
上右:外観・北面

外観・南面再生前 外観・東面再生前 外観・東面再生前
上左:外観・南面再生前 20年無人だった建物。内部も傷んでいたが構造材はほぼ無事だった。  上中:外観・東面 再生前
上右:外観・東面再生前 不要な左の建物を撤去し周囲と屋内を片付け、作業スペースを確保するところから再生が始まる。
そのまま活かした2階の三角形の外壁と庇の下の無双窓が確認出来る。

解体中・屋根 解体後の小屋組み 古材と新材
上左:解体中・西面外観  上中:解体中 再生の場合、作業のほとんどは人力による地道な手仕事になる。
上右:解体中 南側の下屋だった部分は屋内として再生された。

解体中・西面外観 解体中 解体中
上左:解体中・屋根 この腰屋根は撤去した。  上中:解体後の小屋組み
上右:古材と新材 古材の欠損部分には新しい材料を補い、腐れなど傷みの激しい箇所は新材に取替える。

居間から玄関方向を見る
上:居間から玄関方向を見る

居間からキッチン方向を見る
上:居間からキッチン方向を見る

玄関ポーチから玄関を見る ペレットストーブのあるパッシブスペース
上左:玄関ポーチから玄関を見る 左の横長の部分が既存再使用の無双窓。
上右:ペレットストーブのあるパッシブスペース

子供達のスペース 階段
上左:子供達のスペース 壁は既存撤去部分の床板を再利用
上右:階段 既存の梯子を再利用。登り切った所は屋根裏(未改修)。

子供達のスペース
上:子供達のスペース 再利用した既存部分の床板には年月が刻んだ美しさがある。