Alcedo Atthis Architect ・・ works-1works-2works-3DetailProfileConceptofficePassivNewsContact・・ Atelier

建築設計事例:奥野田保育所耐震改修
昭和30年代に建てられたA棟と50年代に増築されたB棟(構造的には離れている)をそれぞれ別に耐震補強した事例です。どちらも古い建物ですが設計と施工が良質であり、最小限の予算で補強工事を行うことが出来ました。建築が長く残るには最初の設計と施工がきちんとしていることが大切だと改めて実感しました。又、完成形に囚われず、柔軟に方法を考えることで既存の木造建築を耐震補強し長く使い続けられると考えました。
現役の保育所であるため、所謂「居ながら改修」であり、施設内を上手く使い分けしながら工事を進めるための綿密なスケジュール調整を行いました。又、予算的な厳しさもあり、仮設は必要最小限として職員の全面的な協力(ソフト面の工夫)により少しでも多く建築費に回せるよう努めました。耐震を目的とする壁の補強も最小限必要な部分だけを造り替え、既存壁と共にクロス貼り仕上げとしています。その際、家具の一部を色合わせするなど、たとえわずかでも建物の魅力が増すようなデザイン的要素を加えました。基礎の補強も必要でしたが、これも基礎部分に当たる床板のみ張り替え、既存床板と共にワックス仕上げしています。A棟の屋根は塗り替えのみ、B棟は瓦屋根をガルバリュウム鋼板に葺き替えました。
この事例は日本建築防災協会の手法に則り、耐震診断・補強設計を行い、審査・認定を得ました。

外観・B棟南面
上:外観・B棟南面

内観
上:内観 改修工事後も見た目はほとんど変わらないが、壁のクロス貼りは保育所らしい可愛らしさを意識した。正面壁際の床部分に、基礎補強のため手を加えた新しい床との継ぎ目が確認できる。

内観
上:内観 改修後、補強部分と既存壁のクロス貼りと家具を色合わせした。

内観
上:内観

内観
上:内観

内観
上:内観

職員手描きのタイルを組み込む
上:壁を補強するために取り外したタイルを元に戻す際に職員手描きのタイルを組み込んだ。