Alcedo Atthis Architect ・・ works-1works-2works-3DetailProfileConceptofficePassivNewsContact・・ Atelier

建築設計事例:甘草屋敷復元土蔵・長屋・西門
山梨県甲州市塩山、JR塩山駅北口に再生整備された重要文化財旧高野家住宅(甘草屋敷)の附属屋修復と復元土蔵の事例です。
甘草屋敷は薬草の甘草を栽培し、江戸幕府に納める代わりに年貢を免除されていたといわれています。切り妻屋根に付きあげ屋根を設けた典型的な甲州型の民家です。 敷地内に残る主屋と建物群は公開されていますので、地域の特徴を代表する屋敷構え・内部空間を体験することが出来ます。

敷地の北西隅に位置する復元土蔵は、残された古写真と地域に残る古い建物の事例を元に復元設計を行いました。
又、長屋は創建時は茅葺の平屋が、長い年月の間に改造を繰り返し、瓦葺きの2階建てへと変化してきたのではないかといわれています。今回は近年増築された新しい部分を撤去し、旧状に近い形で修復しています。

甘草屋敷・復元土蔵外観 左と下左:甘草屋敷・復元土蔵外観
屋根は置き屋根という構法。断熱・防火のために土蔵を屋根まで土ですっぽりくるみ、その上に防水用の屋根を置いて仕上げるという二重構造。手前の水面は壁土用の泥を練る田んぼ。

下右:復元土蔵内観 扉を開けた際に土蔵の中に外気が一気に流れ込まないように風除け室を設けるという伝統的な手法。床板は松の厚板張り。
甘草屋敷・復元土蔵外観 甘草屋敷・復元土蔵内観
甘草屋敷・長屋内観 左・下右:甘草屋敷・長屋内観
木製の建具は従来から使用されていたものを利用しています。板張り部分は本来畳敷きのところ、売店・事務所として使用するため、仮設の床板を張っています。
土台の下に見えるのは玉石基礎。

下左:甘草屋敷・長屋東面外観
平屋建築を2階に改造していたので、通し柱がありません。全体の雰囲気を残して補強するため外側に添え柱を設けています。窓の手摺は失われていたので、近隣の同時代の建物にあった手摺を参照しています。残念なことに、参照元となった建物はその後解体されてしまいました。 
甘草屋敷・長屋東面外観 甘草屋敷・長屋内観

甘草屋敷・西門 甘草屋敷・長屋の土間三和土施工風景 甘草屋敷・杉皮葺きの上に瓦を土葺きする
上左:長屋の土間三和土施工風景。三和土を足で踏み固めた後、このように叩いて固める。

上右:杉皮葺きの上に瓦を土葺きする。ステンレスの針金で瓦を瓦桟と呼ばれる細い角材に取り付けています。瓦は従来の瓦を一端取り外し、健全なものを選んで再使用しています。



左:甘草屋敷・西門
主屋東側にある腕木門を参考にしています。本来は扉の無い簡易な門ですが、管理上の必要のため後から増設しています。