アルケドアティス・ロゴマーク「カワセミ」 一級建築士事務所アルケドアティス Home > 再生建築事例:宗教施設 menu


昌福寺:庫裡耐震補強設計伝統工法による耐震補強の事例

山梨県南巨摩郡富士川沿いに建つ「昌福寺」の庫裡を耐震補強した事例です。
設計に当たっては木構造と土壁など自然素材の魅力と特性を活かした補強を実現するため、既存建物の綿密な調査に基づく構造の限界耐力計算による設計を行いました。
   (「既存建築物の耐震改修デザイン(社団法人建築学会)」への当社提案パネル→参照)。


庫裡土間から見上げた小屋組み。
上:庫裡土間から見上げた小屋組み。補強のために欠損していた小屋貫を入れ替える。


昌福寺庫裡外観
左:昌福寺庫裡外観。近郊でも最も古い形のひとつである独特の素朴なプロポーションが暖かさと親しみを感じさせる。外観だけでなく、本寺は四季折々の行事とコンサートなどのオリジナルなイベントの開催によって地域の人々に親しまれている。
→昌福寺ブログ「彩色」参照


床下の足固めの様子。丸い穴は通気孔。 補強のために新たに設ける壁も土壁で。
上左:工事中、柱間を床下で補強する足固めの様子。丸い穴は通気孔。
上右:補強のために新たに設ける壁も、貫を通した土壁で造る。
土壁、荒壁塗りの状態。 土壁、裏返し塗りの状態。
上左:土壁、荒壁塗りの状態。貫と楔の様子がわかる。
上右:土壁。裏返し塗りの状態。この後、中塗りと漆喰による仕上げ塗りを行なう。


古材を用いた天井仕上げ
上:新材と交換した古い小屋貫材を再利用した天井仕上げ。ゴツゴツしたテクスチャーが面白い。地域の人々の手によって造られ伝えられてきた古い材料を大事に使う精神。


古い小屋貫材を再利用した天井仕上げを用いた部屋 新材を用いた部屋
上左:古い小屋貫材を再利用した天井仕上げを用いた部屋。
上右:新材を用いた部屋。


床の間
上:奥の間に設けたシンプルな床の間。開口部を耐震壁とし、中塗り壁の土にベンガラを混ぜて塗り、床の間に仕立てた。床の間の板は古い床板を再利用した。


座敷から床の間を見る
上:中の間から奥の間に設けた床の間を見る。


古い床板を再利用した床の間 中廊下
上左:中の間から大黒様の間を見る。古い床板を再利用した床の間。
上右:耐震壁を設け中廊下とすることにより公的な領域と事務的な領域を分けた。


上左:受付の間。漆喰塗の壁を耐震壁として造り変えている
上右:通用口の小上がり。物置スペースとして利用。床板は工事の際に発生した古材を転用s。


畳敷きの広縁から中庭を見る 畳敷きの広縁
上左:畳敷きの広縁から中庭を見る。中庭を隔てて書院と向かい合う。
上右:畳敷きの広縁。正面は書院に向かう橋掛りの廊下。




・ Page Top ・

■業務内容■
 建築の設計監理業務
   新築・増築・改築・改修などのリノベーション
   古民家の再生・文化財建造物修復・耐震補強

 既存建物の活用にあたり法適合調査・用途変更

 家具・建具・照明等各種意匠デザイン

■お問い合わせ■
 電話:0553−33−7739
 E-mailは《お問い合わせフォーム》からお願いします。


アルケドアティス・ロゴマーク「カワセミ」 Alcedo Atthis Architect
 ↑当社ロゴマーク「アルケドアティス」は「カワセミ」の学名です



有限会社 アルケドアティス 一級建築士事務所
              代表:網野隆明
事務所所在地:〒404-0043
       山梨県甲州市塩山下於曽 544-3
URL:https://www.alcedo-atthis.com

■■■  Home  ■■■