アルケドアティス・ロゴマーク「カワセミ」 一級建築士事務所アルケドアティス Home > 再生建築事例:展示施設 menu


甲府市武田氏館跡歴史館:茶室(旧堀田家住宅修復) 歴史的建造物の修復事例(国登録有形文化財)

昭和8年に割烹料亭として建設された後、戦時の将校宿舎としての使用を経て旅館業へと移り変わった旧堀田家住宅の離れ4「茶室」です。矩形と菱形を寄せ合った変形の建物となっていました。
基礎の痕跡調査を行ったところ、茶室は創建時より菱形として創られていたことが判明したため、創建時と同じ菱形で復原しています。屋根の仕上げについては古写真と痕跡調査から金属屋根であることが判明しました。

離れ3外観
上:離れ3「茶室」外観。変形4.5帖間に水屋を併設。

軒の内 茶室上がり口
上左:軒の内。躙り口を省略
上右:茶室上がり口と水屋。

茶室床の間
上:茶室床の間。

面格子復原
上:面格子復原。

茶室南東 茶室南西
上左:茶室南東。
上右:茶室南西。

菱形茶室の炉
上:菱形茶室の炉。

茶室 水屋
上左:茶室。
上右:水屋。

源氏襖 源氏襖
上左:源氏襖に組み込まれた障子を引き違いにして通風を確保する。向かって左側が貴人口、右側が茶道口・給仕口。

下地窓 装飾硝子
上左:下地窓。甲府市内の旧家にあったガラス框窓を掛障子として転用。
上右:装飾硝子。

外部手摺再使用
上:外部手摺再使用。手摺の垂直方向の部材はひし形断面となっている。窓のガラス障子は類字事例による。



・ Page Top ・

■業務内容■
 建築の設計監理業務
   新築・増築・改築・改修などのリノベーション
   古民家の再生・文化財建造物修復・耐震補強

 既存建物の活用にあたり法適合調査・用途変更

 家具・建具・照明等各種意匠デザイン

■お問い合わせ■
 電話:0553−33−7739
 E-mailは《お問い合わせフォーム》からお願いします。


アルケドアティス・ロゴマーク「カワセミ」 Alcedo Atthis Architect
 ↑当社ロゴマーク「アルケドアティス」は「カワセミ」の学名です



有限会社 アルケドアティス 一級建築士事務所
              代表:網野隆明
事務所所在地:〒404-0043
       山梨県甲州市塩山下於曽 544-3
URL:https://www.alcedo-atthis.com

■■■  Home  ■■■