アルケドアティス・ロゴマーク「カワセミ」 一級建築士事務所アルケドアティス Home > 再生建築事例:住まい menu


民家の再生:真木の家

大月の真木温泉に近い山腹の古民家を現地再生した事例です。
2012年度山梨県建築文化賞奨励賞を受賞しました。 主屋は西側土蔵との屋根の取り合い部分の雨漏りで傷んでいる他、湿気により梁が白黴に覆われている個所もありましたが、概ね良好な状態でした。
延べ床面積が80坪を超える大きな家屋なので、日常的に使用する部分の居住性の向上を主たる目標としました。2世帯住居地して機能するように、部屋割と動線を整理し、それぞれが独立しながらも吹抜けを介した一体的な内部空間を実現しています・吹き抜けは大きな民家では暗くなりがちな屋内に採光・通風と同時に開放感をもたらします。意匠性のみならず断熱性能・気密性能・給排水衛生設備・電気設備などを大幅に改修して居住性を高めています。
周辺地域の歴史的な外観を意匠に残すことにより景観に配慮し、内部空間では古い建具や家具などの再利用を積極的に行いました。
かつて人々の暮らしの中で身近にあった品々も利便性や快適さを求める時代の流れと共に忘れ去られてゆきます。今では使われなくなった古道具や建具を現代建築の中に素材として活用することにより記憶の継承を図りつつ、機能的に再構成することにより現代的な住居として再生しました。

外観
上:外観。

外観
上:外観。

軒下 玄関土間
上左:軒下。
上右:玄関土間。

玄関土間
上:玄関土間。かつて田野倉浄水場の水槽に使われていた石を敷石に転用した。

玄関 中廊下より玄関・囲炉裏の間を見る
上左:玄関。
上右:中廊下より玄関・囲炉裏の間を見る。

囲炉裏の間
上:座敷から囲炉裏の間越しに玄関を見る。

囲炉裏の間""
上:囲炉裏の間。

囲炉裏の間から座敷を見る
上:囲炉裏の間から座敷を見る。

広縁より座敷越しに仏間方向を見る
上:広縁より座敷越しに仏間方向を見る。

修復した仏壇
上:仏壇及び背後の襖絵を修復。右の襖絵は既存を再利用した。

中廊下
上:中廊下。手前の古家具(布団箪笥)は修復後、飾り棚として再使用した。

中廊下 中廊下
上左:中廊下。
上右:中廊下。

西側土蔵の前室
上:西側土蔵の前室。

中廊下 居間
上左:中廊下。
上右:居間。

居間よりストーブコーナーを見る ストーブコーナー
上左:居間よりストーブコーナーを見る。
上右:ストーブコーナー。ストーブの乗る台には玄関と同じ田野倉浄水場に使われていた石を使用している。

キャットウォーク 吹抜け東南方向を見る""
上左:キャットウォーク。
上右:吹抜け東南方向を見る。

南側下屋銅板葺き庇 2階居間
上左:南側下屋銅板葺き庇。
上右:2階居間。

2階居間 2階ホール
上左:2階居間。
上右:2階ホール。

玄関外灯
上:玄関外灯(ステンドグラスランプ 当社工房制作)。

機織機の部品を再利用した照明
上:建築主所蔵の古い機織機の部品(糸巻車)を再利用したストーブコーナーの照明。蚕の繭をデザインモチーフとした(ステンドグラスランプ 当社工房制作)。

玄関照明 玄関照明
上:玄関照明(ステンドグラスランプ 当社工房制作)。

廊下「糸巻きランプ-1」 廊下「糸巻きランプ-2」 廊下「糸巻きランプ-3」
上:廊下「糸巻きランプ」(ステンドグラスランプ 当社工房制作)。建築主所蔵品の古い糸巻をそのまま再利用し照明器具に仕立てたもの。木製の軸の歪みに合わせるため、ガラスはビスで点止めした。

再生後周辺写真
上:再生後周辺写真。





・ Page Top ・

■業務内容■
 建築の設計監理業務
   新築・増築・改築・改修などのリノベーション
   古民家の再生・文化財建造物修復・耐震補強

 既存建物の活用にあたり法適合調査・用途変更

 家具・建具・照明等各種意匠デザイン

■お問い合わせ■
 電話:0553−33−7739
 E-mailは《お問い合わせフォーム》からお願いします。


アルケドアティス・ロゴマーク「カワセミ」 Alcedo Atthis Architect
 ↑当社ロゴマーク「アルケドアティス」は「カワセミ」の学名です



有限会社 アルケドアティス 一級建築士事務所
              代表:網野隆明
事務所所在地:〒404-0043
       山梨県甲州市塩山下於曽 544-3
URL:https://www.alcedo-atthis.com

■■■  Home  ■■■