アルケドアティス・ロゴマーク「カワセミ」 一級建築士事務所アルケドアティス Home > 再生建築事例:住まい menu


民家の再生:陣馬街道の家

八王子の山間を抜ける陣馬街道に程近い地に建つ、風情ある佇まいの民家を現地再生した事例です。第一の課題は寒さ対策でしたが、建築主は生まれ育った家を出来る限り活かして居住性を上げる事を希望していました。そのため、断熱性能を向上させ、採光の為に一部を撤去し吹き抜けを設けた際も、不要となった梁や天井板などの素材は手摺り・キャットウォーク・階段の框・下屋の柱などにほとんど全て再利用しました。

居間兼食堂からキッチン・吹き抜けを見る 吹き抜け見上げ
上左:居間兼食堂からキッチン・吹き抜けを見る。2階ステンドグラスの入った窓の向こうは長女の部屋。上部手前に見えるのは不要になった天井板を再利用して作ったキャットウォーク。
上右:吹き抜けを見上げる。上下の空間をつなげる事により、思い掛けない新たな雰囲気が生まれる。

開放感のある食堂 小物入れ兼目隠し付きの対面式キッチンカウンター
上左:高窓からも光の差し込む開放感のある食堂。
上右:小物入れ兼目隠し付きの対面式キッチンカウンター(ステンドグラスは当社工房作成)。システムキッチンは建築主婦人の希望によるキッチンメーカーの制作品。全体のインテリアと色を合わせている。

居間から玄関ホール方向を見る 玄関ホールから食堂兼居間を見る
上左:居間から玄関ホール方向を見る。間仕切り扉はあるが上部の空間は一体になっている。
上右:玄関ホールから食堂兼居間を見る。

玄関 玄関から西側への抜けを見る
上左:玄関。玄関扉の手掛けは板を縦猪の目(縦使い)にくり貫いたもの。
上右:玄関から西側への抜けを見る。採光・通風の確保と圧迫感を減らすために階段の蹴込み板は無しとした。上部に古材を利用した渡り廊下の手摺が見える。

階段上には天井板や根太を再利用した手摺り 2階吹き抜けから渡り廊下方向を見る
上左:階段から玄関方向を見る。階段上に見える手摺りも天井板を再利用したもの。
上右:2階吹き抜けから渡り廊下方向を見る。天井板を撤去して空間に広がりを持たせ、小屋組みを意匠に活かした。突き当りは子供部屋。

2階渡り廊下から長女の部屋を見る 長女の部屋内観
上左:2階渡り廊下から長女の部屋を見る。
上右:長女の部屋内観。天井高を確保するため、剥き出しの梁が廊下から貫通している。突き当りの窓から1階の食堂の様子がわかる。バラのステンドグラスは当社工房制作品。

2階渡り廊下 2階ワーキングスペース
上左:2階渡り廊下。天井根太利用の笠木が独特の質感を醸し出す。
上右:2階ワーキングスペース。障子の組子はベンガラ塗りとした。この後、壁のニッチも中央のものはベンガラ染めの和紙を貼った。やや風変わりな吊り下げ照明は当社工房制作ステンドグラスランプ。

キャットウォーク 渡り廊下からキャットウォークと南面の高窓を見る
上左:キャットウォーク。
上右:渡り廊下からキャットウォークと南面の高窓を見る。

南面外観
上:南面外観。屋根などは既存のままとし、以前の家の面影を残した。

南面外観
上:南面外観。玄関周りの様子。

階段
上:階段。踊り場の框は不要になった家具を再利用したもの。腰板も天井板の再利用。根太跡がリズミカルな模様となる。

渡り廊下の手摺
上:渡り廊下の手摺。撤去した古材を再利用した。

オリジナル間仕切り扉
上:オリジナル間仕切り扉。写真では分かり辛いがステンドグラス用のガラスを数種類取り混ぜリズミカルに組み込んでいる。小さな四角い装飾はイリディセントガラスを象嵌した。



・ Page Top ・

■業務内容■
 建築の設計監理業務
   新築・増築・改築・改修などのリノベーション
   古民家の再生・文化財建造物修復・耐震補強

 既存建物の活用にあたり法適合調査・用途変更

 家具・建具・照明等各種意匠デザイン

■お問い合わせ■
 電話:0553−33−7739
 E-mailは《お問い合わせフォーム》からお願いします。


アルケドアティス・ロゴマーク「カワセミ」 Alcedo Atthis Architect
 ↑当社ロゴマーク「アルケドアティス」は「カワセミ」の学名です



有限会社 アルケドアティス 一級建築士事務所
              代表:網野隆明
事務所所在地:〒404-0043
       山梨県甲州市塩山下於曽 544-3
URL:https://www.alcedo-atthis.com

■■■  Home  ■■■