Alcedo Atthis Architect ・・ works-1works-2works-3DetailProfileConceptofficePassivNewsContact・・ Atelier
TextColumnDrawingBlogBlog archive

会社紹介

アルケドアティス代表者近影 代表 : 網野 隆明 Amino Takaaki
1956年山梨県生まれ。1982年東京理科大学工学部建築学科卒。
企画設計新社、小田切一生建築研究室を経て独立し、1992年網野隆明建築設計事務所設立。
1997年有限会社アルケドアティスとして再編成。

日本建築学会・建築家協会会員(建築家協会認定登録建築家・保存問題委員会委員)・山梨県建築設計協会会員。
NPO法人日本民家再生協会正会員。同協会理事・技術委員会委員長・民家の学校講師・技術委員会連続講座講師等、及び財団法人日本住宅・木材技術センター民家等再生推進調査企画検討委員を務め、失われつつある風景としての民家の保存・魅力ある建築素材としての古材の活用に力を注ぐ。
又、ダイレクトゲインのパッシブソーラーシステムを新築住宅・再生民家で試み、サスティナブルな視点に立った住宅を設計、エコビルド展等に於いて提案。
工学院大学中島研究室による「室内環境測定」(日本建築学会会誌に掲載)への協力を通して住宅内環境の改善データを作成。

《著書》
「民家」編集・共著(発行:日本民家再生協会)「民家再生の手引き」編集・共著(発行:日本民家再生協会技術委員会)「民家再生の技術」編集・共著(発行:丸善出版 日本民家再生協会技術委員会)

《寄稿》
日本住宅協会「日本民家の再生事業」・季刊民家19号「民家再生のコスト」・季刊誌チルチンびと29号「ローコスト再生への道」・古民家スタイル4号「民家が語るもの」・建築知識2004年3月号「古材の構造材・板材 賢い選び方と設計術」「古建具の補修と導入の際のポイント」・「全国茅葺調査報告書」など多数

《受賞歴》
「韮崎の家」 :2010年度山梨県建築文化賞「良好なまちなみ景観を形成している建築物等の部門」奨励賞
「浦木戸の家」:2011年度山梨県建築文化賞「良好なまちなみ景観を形成している建築物等の部門」奨励賞
「大月の家」 :2012年度山梨県建築文化賞「良好なまちなみ景観を形成している建築物等の部門」奨励賞
「小荒間の家」:2013年度山梨県建築文化賞「良好なまちなみ景観を形成している建築物等の部門」奨励賞
「西広門田の再生民家」:2015年度山梨県建築文化賞「良好なまちなみ景観を形成している建築物等の部門」奨励賞


アルケドアティスの事例作品・代表者コラムなどが掲載された書籍の履歴参照→ Text
代表者コラムからの抜粋参照→ Column
代表者ドローイング→ Draw
代表者ブログ参照(ブログは現在休筆中です)→ Blog
代表者ブログ記事一覧参照→ Blog archive


有限会社アルケドアティス Alcedo Atthis Architect
設立・・・・・・・1997年7月1日
資本金・・・・・・300万円
業務形態・・・・・建築設計事務所とステンドグラス工房を運営中
事業所所在地・・・〒404−0043 山梨県甲州市塩山下於曽544−3
本店所在地・・・・〒404−0042 山梨県甲州市塩山上於曽269−2
電話・・・・・・・0553−33−7739(代表)
URL・・・・・・http://www.alcedo-atthis.com
E-mail・・・・・・studio@alcedo-atthis.com